Lightningの「Call To Action」とFAQ

ワードプレスで管理しているライフ・バンクサービス「人生金庫」ではテーマとして「Lightning」を使用しています。

このLightning、「Call To Action(以下CTA)」の機能がついています。

CTAってなに?

日本語の意味としては「行動喚起」といったところです。

Webサイトに来ていただいた方に、次にとってもらいたい行動に誘導することを意味し、多くの場合はボタンやリンクの形で表示されます。

「いますぐ資料請求をする」とか「いますぐ購入する」とかで、コンバージョンアップを期待して設置することになります。

全ページとか各ページとかに設置するのですが、Lightningでは固定ページ全部とか投稿ページ全部とか(もちろん各ページ別にも)を指定してCTAを設置する機能がついています。

LightningのCTA機能ってページ単位で指定できます

LightingではVX ExUnitのメイン設定から全体の設定、または編集画面から各画面ごとでCTAが指定できます。

・メイン設定画面

ライフ・バンクサービス「人生金庫」のCTAとFAQの説明

※お知らせ、イベント情報、FAQはカスタム投稿タイプです。

・各ページ画面

ライフ・バンクサービス「人生金庫」のCTAとFAQ

CTAとFAQでつまづいた

「人生金庫」では安否確認サービスとエンディングノートを連動したサービスです。

機能を持ったホームページを運用していると、言葉の説明とか、ちょっとした使い方へのご質問をいただくことがあります。

そのためにFAQを設置するケールが多々あります。

「人生金庫」ではFAQのために「Flexible FAQ」プラグインを利用しています。

今回、FAQではCTAは不要だろうと思ったのが、ドタバタの始まりです。

当初、メイン設定画面で「固定ページは表示するCTAを指定して、FAQは表示しない」の設定を指定してました。

ところがこの設定では、FAQでCTAが表示されてしまうのです(^^;

調べてみると、どうやらメイン設定で「固定ページは表示する」の設定にしちゃうとFAQの「表示しない」の設定は無視されちゃうようです(^^;

LightningでのCTAの設定はどうしたのか?

結局、やった設定としては

・メイン設定では「固定ページは表示しない」とする

・CTAの設定は固定ページの各々で行う

固定ページが、ソコソコ増えていたんで、結構手間でした(^^;

「Flexible FAQ」プラグインを使用しなければ発生しなかったことなんでしょうけど、やはりWebサービスではFAQはつきもの。

中の人としては、頑張りましたw

投稿者プロフィール

上辻 敏之
上辻 敏之
株式会社スタジオくまかけ代表取締役で業界としては30年近く存在(^^;
数年前に事故で緊急入院し、突然連絡が取れなくなり、仕事に支障をきたした経験から、事業を継続させるためには安否確認と自動的な情報継承が必須だと考えました。
当初他社のサービスを利用するつもりで探したのですが、自分にフィットするものがないため「人生金庫」の開発をスタート。
「終活」に興味を持ち、気になった情報を収集して発信しています。

「人生金庫」申し込み

忘れたくない、残していきたい。
そして、もしものときに、キチンと伝えていきたい
あなたにとって大切な情報を、想いを、ガッチリお預かりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA